So-net無料ブログ作成
検索選択
 ☆手作りクッキング ブログトップ
前の10件 | -

梅雨開け、まもなくかな~。 [ ☆手作りクッキング]

5.JPG


久々の更新です。
先週「宮城県きき酒選手権予選会」に参加された酒友のみなさま、お疲れ様でした!

基本的にはお酒って楽しく飲むもの、だと思ってます。
難しいウンチクなしにして、仕事帰りや家族団らん時にくいっと一口飲むだけで心が解放されほんわかした気分になれるような、寄り添ってくれる雰囲気をもつ日本酒が好きです。
なもんで、感覚を研ぎ澄ませて味わいを記録する「きき酒」に若干苦手意識があるのは事実ですが、自分の味覚を確かめる日が1年に1度くらいあっても自分自身への刺激になるかな~と思い毎年参加はしています。

参加するからには望みは高く夢を持って。
今年の予選足切り点数を聞くと、笑っちゃうほどレベル高過ぎて胃が痛くなりました(笑)
ですが、運よく残れた決勝戦も予選と同じように楽しめたらいいなぁ~と思ってます。

強者のみなさま、お手柔らかにお願い致します(笑)



酒屋源八さんに在庫切れしていた我が家の大好きなお酒「天遊琳(三重県)」が入荷したと伺い、
ドライブかてらに山形まで行った晩の肴たちの記録。

その晩は天遊琳あれこれのみながらの、のんびり晩酌。

1.JPG

宮城の夏!と言えば、海鞘ですよね~。
海鞘刺し、炙り海鞘、蒸し海鞘の3種類の食べ方にて。

夏が旬の海鞘に合わせるなら、夏のお酒でしょう~、と一瞬思いましたが、
以前しんさんから「牡蠣と海鞘は食材の扱いが似てる」と伺ったのを思い出し、
ならばっ!と合わせたお酒は

『天遊琳・牡蠣限定』

それも最近のではありません、2007年度でーす。

7年もの間ウチの冷蔵庫内で眠っていた牡蠣限定はほんのり熟成した感じはでましたが、海鞘独特の酸味・苦味・甘味・塩味のどの味わいにも底上げしてくれる慈悲深いお酒となりました!!

2.JPG


中玉トマトのマリネ、出汁ジュレかけ。
とまとの美味しい季節ですね~、そのまま食べても火を入れても美味しいトマトをマリネにして、出汁をゼラチンで固めたものを乗せていただきます。(にこらすさんの真似)

酸があるトマトに合わせるには夏酒?と思いましたが、
ヘソマガリtakako、ストレート投げる事は致しません(笑)

『天遊琳・伊勢錦2009・直汲み』

5年ほど経った直汲みはとろ~~~~~~んと妖艶な大人酒ですっ。
酸のある若いトマト料理や出汁料理にドンピシャでしたヽ(^o^)丿

3.JPG


湯上り娘の茹で豆、とうもろこしの天ぷら。
The・夏! 定番の肴には迷わずコチラ。

『天遊琳・限定N』

ここは正直に(笑)
限定Nは爽やかですね~、するする飲み干せます。
グラスまできりっと冷やしてクイクイッと飲みたいお酒、夏ですヽ(^o^)丿。

4.JPG


アボガドとブロッコリーの胡麻和え。
ちょーちょさんで頂いた肴を真似しました。

すり胡麻に、砂糖・味醂・醤油を混ぜてタレを作り、茹でたブロッコリーとアボガドに絡めたもの。

簡単なのでもう一品酒の肴を作りたいな~って時重宝します。

お酒は『天遊琳・限定F』

限定Nとそれほど味わいは変わってるようには感じませんでしたが、限定Fのほうが温度が上がってもゆる~く飲める、鍋を囲んで呑んだらウマいだろうと印象を受けましたので、こってりアボガドに合わせました。

晩酌でいろんなお酒を楽しめるのもホシザキ君のお陰です。
購入して良かったわ(笑)


そろそろ梅雨明け宣言でるでしょうか。
2014夏もイベントの多い、楽しい夏となることでしょう!

資福寺.JPG


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

渡り蟹ご飯とお酒 [ ☆手作りクッキング]


 
1.JPG



いつもの市場に買出しに行ったら、渡り蟹2ハイで380円を発見。
LOVE夫の目がキラリン☆と光ったのを見て即購入です。

トマトソースパスタにしようと考えていたけど、
「渡り蟹の炊きこみご飯が食べたい」と言われればね、しかたないなぁ~。
(よほど、しんさんのご飯が食べたかったんだろうねw)

渡り蟹を丸ごと2ハイ贅沢に使用し(といっても380円)、
ルクルーゼで炊きこみご飯を作りました。

お酒、塩、ほんのわずかな醤油と昆布を入れてよく洗った蟹を乗せて炊いただけなのに、
生臭くなることなく、蟹の出汁がいい塩梅のご飯に仕上がった!

こりゃぁウマいっ!


今宵のお酒は宮城のお酒オンリーに。
本日いつもお世話になっています阿部さんのお酒の会でしたが、
所用のため参加出来ず・・・せめてお家だけでもと自県のお酒をチョイス

3.JPG


開栓1ヶ月目のバランス良いピン山にシュウマイが進む。

定番ポテサラには最近のお気に入り乾坤一「ひより」がドンピシャ。

夏がく~れば呑みたくなる~♪ 花火ラベル「夏呼の夢」。

2.JPG



メンタル面でダメージ多しの上半期でしたが、
後半はなんかいいことありそうな、予感です♪(^^)/


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

日本酒サングリア [ ☆手作りクッキング]



五月も残り数日。
やりたいこと、やらなければいけないことがたんまりあるのに、
なんだか気もそぞろな日々を過ごしています。

そんな時はお家でプハァァァ~~~~~!とやるのが一番。

3.JPG

トマトソースグラタンと【日本酒サングリア】。
フルーツに日本酒を漬けこむだけの簡単飲物、先月の漬け会以来定期的に作ってます。
時期的にも終盤になった苺、香りも味も薄らいできてるかな~、今後はベリー系やキュウイを加えるとベターでしょうね。

それでも苺色のサングリアは見た目に魅かれます。

2.JPG


シャンパングラスに注いで。
久々の手タレ登場(笑)

4 (2).JPG


今回はパイナップルを大量に加えてるので、ちょっぴりオレンジ系統の色になってます。
好みで炭酸水も加えて、シュワっと感もプラス。

4 (1).JPG



最近、餃子熱がおさまらず、あちこちの餃子を食べ歩く日々に、
夫からは「太るぞー!」の痛い視線が飛びまくる。
でも気にせず、某コミュの『餃子部』にも入隊しました(笑)

部活の日はいつだろう?
楽しみに待ってますね~(^O^)/

1.JPG

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

第二回漬け会<深夜まで続くよ二次会は・・・> [ ☆手作りクッキング]



準備編><パーティー編>と綴って来ました第二回漬け会もラストです。

ラウンジの清掃を終えて一次会終了。
残った肴やお酒を持ち帰り、今度は我が家のリビングで呑み直し。

7.jpg


この数時間後には酒瓶ほぼ空にしちゃうという酒豪軍団、天晴です!

時間の経過とともに壊れ始めるみんなの姿が私のカメラに記録されております・・・。
ブログにはちょっと載せられそうもないショットの連発・・・、
写真だけで飲み明かせそうだww 
興味のある方には直に見せますね(笑)

リビングでの飲み会は、喋って喋って笑い転げて喉がつぶれました。

氏金ツアー行くぞっ!
ひつじや行きた~~~~い!

最近仙台で流行っている日本酒民族、この場にも登場です(笑)

2.jpg


誰が最初にやりだしたんだろうか、ウケル(笑)

ケンケンさんのマリネをはちみつ炭酸割にしたジュースで一息♪

4.jpg


「どーしてもみんなに食べてもらいたい魚があるの~。」
酔っ払いMAXなのに、家の冷蔵庫まで魚を捕りに行ったフサちゃん。
途中転ばないで元気に戻って来てくれてアタシは嬉しい♪でもって鯖美味しかったよっ!!

きき酒の話題になり、点数の付け方をレクチャーする決勝戦常連組。

5.JPG


今年もみんなで頑張ろううね!

「小腹が空いてきたなぁ~。」
と誰かが言えば、袋麺ですがラーメン作ります。
酒呑んでもネギのみじん切り、お見事です!!

1.jpg

トッピングはネギしかないけど、みんなで食べれば美味しいねっ。
お土産にいただいたお菓子や昆布、乾き物もいただきまーす。

8.JPG

さぶちゃん持参の缶詰オイルで、芹を絡めたペペロンチーノ♪
大量投入したアンチョビの塩加減がイイ感じっす。

3.jpg

MIYABIさんはラーメンもぱパスタも食べた記憶がないそうです(笑)
みんなのパワーに圧倒されて
「良く覚えてない・・・・」だって。


一眼レフに興味津々。
「みんな撮るよー」
6.JPG

イエェェェーーーーイ!!
(^O^)/
13.JPG

のんべぇって、カメラ向けられると反射的に酒瓶持つようです(笑)


はまみさん、壊れる!
何をしてるんだよ~~~~!
12.JPG

※酔い子は真似してはいけません。

この時のテロップに笑った~~。
P4291401.JPG

「この先ホンマ続かんで」

次に気づいたら柔軟大会のはじまり。
はまみさん、足、イタイイタイですねw
9.JPG

これだけはしゃいでも、最後はしっかり片づけをしてくれるのよね。
お酒飲むと皿洗いしたくなくなる私にとって、みんなは女神です!!

11.JPG

ご参加くださった皆さま、漬け料理&お酒&楽しい時間をありがとうございました!

幹事のはづたん、皆さんへの連絡係り、いつも本当にありがとう。
第三回の漬け会ではどんな料理に出会えるのでしょうか、
今からワクワクしちゃいますね~~。

我こそは!と思う強靭の肝臓の持ち主のご参加をお待ちしています(笑)

一堂、礼!!

10.JPG


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

日本古来からの万能調味料【煎酒】 [ ☆手作りクッキング]



3.JPG


随分前の事。
とある飲食店さんで鯛のお造りに添えられてあった「煎酒(いりざけ)」。
程良い酸味がお造りによく合い、塩・醤油以外でも美味しくいただける調味料があるんだな~と感激したのを今でも覚えています。

煎酒ってプロの料理人さんが作るものであり、素人の私には作れないはずだわぁ~。
といった思い込みもあり、調理しようとする行動も気力も芽生えなかったこの数年。

ですが、ある方のブログを見て「この料理を食べてみたい!」と食欲急上昇MAX状態!
それには「煎酒」が必要不可欠なのもあり、自分でチャレンジしてみることにしました。


煎酒としての一応のレシピはあるようですが、それほど堅苦しいモノではなく好みで配合を変えてよいそうです。

用意するもので一番大切なのは「日本酒」。
煎酒の味の基本になりますからね、本醸造ではなく必ず純米酒を使うのをオススメします。

1.jpg


・純米酒(200cc)に、一晩ないし5~6時間位昆布を浸けておきます。
・昆布酒に梅干しを加え、火にかけます。
・沸騰したら鰹節を加えて弱火でコトコト煮詰めます。
・蓋をせずに半分くらいになったら火を止めて冷まします。
・ザルや布で越し保存容器に入れます。

P3161256.JPG


越した昆布や鰹節は、炒ってふりかけにすると無駄がないですね。

素材シンプルなだけ、純米酒のみではなく昆布も鰹節も上質なモノが良いと思います。
梅干しはおむすび用に使った残りの種ですが(笑)

保存瓶に入れて2~3日熟成してからが食べ頃で、2週間くらいはもつようです。


食べたかった肴とは[ぴかぴか(新しい)]
烏賊のお造りに煎酒と卵黄をまぶし、
あったかいご飯に海苔を敷き詰め烏賊をのっけた丼。

「煎酒烏賊の黄金丼」でした!

4.JPG


ご飯は後程に、まずは肴として。

旨いです!!

素材の味がストレートにきます。
梅干しの酸がいい塩梅で、さわやかな味わいです!


・・・・・

ただ、なんとなく水っぽいような・・・・
旨いんだけど、もう一息な感じもしないでもないような・・・・・。
夫のベロメーターでは「及第点」はもらえませんでしたし[がく~(落胆した顔)]

原因は分かってますよ(なら、最初からやれってだよね)。

酒を煮詰める時に「蓋をせずに半分になるまで煮詰める」ところで、


鍋からの立ち上がる【蒸気】を見ているのが・・・つ、つらい。

酒が【気体】になって減っていくーーーー!!

もったいないっ!!!



はい、アルコール分が飛んだところで火を消しました。
しっかり煮詰めないとやっぱ駄目だったか・・・。

煎酒造りは、呑兵衛にとって試練です。
あんまり楽しくありません。



それでも旨い!って事には違わないし、
烏賊に合わせるお酒といったらコチラでしょうかね~♪

2.JPG


特純の墨廼江、宮城県石巻市の蔵のお酒です。
夫の好きなお酒のひとつであり、宮城県内の好きな酒では3本の指に入る中のヒトツ。

開栓後2週間経ち残り1合となってしまった瓶底の墨廼江は、酸がまあるく穏やかで、煎酒によって引き出された烏賊の甘味を、奥底からさらに引き出してくれました。


御馳走様でした[ぴかぴか(新しい)]


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

週末晩酌は「鰤しゃぶ」 [ ☆手作りクッキング]

3.JPG

毎週土曜日の18時30分から放送されている
「満天☆青空レストラン」→http://www.ntv.co.jp/aozora/

全国の隠れた食材を紹介するグルメ番組。
とは言っても、お店を紹介するのとは違い、生産者と食材そのものを紹介してるから興味がわく。
また、地元の料理人さんや生産者さんの御家族、地元のおばちゃんが料理するので、
家庭でのヒントがたっぷり盛り込まれいるのも勉強になります!

MCである宮川大輔さんの「旨い!!☆☆☆」
いい表情されてますよね~ 間違いなく彼の本心だと思ってます^^

3/8放送の「かぼすぶりin大分県」
大分特産かぼすで育つ極上ぶり!
衝撃的な30分でした。
餌にカボスを加えるって?どんな味がするんだろう・・・・?
かぼすぶり食べてみたい!九州行きたいっ!

「ぶりのしゃぶしゃぶ」が頭から離れなかったこの1週間。
平日は魚屋さんに行くことは難しので、週末に決行、待ち遠しかったぁー♪

4.JPG

いつもの魚屋さんでぶりを購入。
刺し身にするより薄めに切り、しゃぶしゃぶしていただきます。

一切れづつ箸でしゃぶしゃぶする事2~3秒。
表面の色が変わったら食べごろです。

2.JPG

旬のぶりは脂がのって甘みがあって旨いっす!!

しゃぶしゃぶ時の野菜、
白菜も人参も椎茸も、豆腐以外は全部千切りにするといいですよ。
主役と一緒に箸に絡んできますからね。

お酒は先日購入したばかりの「思愛」

1.JPG

究極の食中酒を醸し出す新澤酒造さんのお酒だけありますね。

鍋っていろんな食材が入ってる事が多いから、それだけイロイロな味わいを舌で感じます。
食材が本来もっている味だったり、料理する過程で加えられた甘味や苦味や酸味といった様々な味わいは、合わせるお酒によって引き出され、より美味しく感じる事があります。
残念ながらもちろんその逆もあり。

鰤独特の旨みを引き出したー!
と思っても、一緒に野菜特有の苦みも強調されたー!
なんてことも多いですから。

思愛は、それらの味わいを突出させるのではなく、料理のバランスを崩しません。

って言っても私の言葉では分かんないですね(笑)


でも、意外に少ない気がする・・・、
料理の味を変えずに、
一つの味覚だけ強調せずに、
料理全体の底力をワンランクアップしてくれるお酒って。

夫が東京出張帰りの新幹線車中で「空木」を飲むのも頷けます。
どんな駅弁と一緒でも調理された食材の味を下げることは決してないですからね。
※「空木(うつぎ)」は新澤醸造さんが宮城県産蔵の華を60%精米で醸した純米吟醸です。

酒造りには難しいであろう「愛国」を酒米として造られた「思愛」。
お店に買いに行った時に、
「一心さんで飲んで、感動する一杯だったので買いに来ました。」
ってお話しすると、
「新澤さんだからこそ、新澤酒造の技術だからこそ、こういった透明感のある素晴らしいお酒になったんですよ。」
と、熊谷さん。

「思愛」は
仙台市若林区河原町の「熊谷酒店」さん監修の日本酒です。
他の酒販店さんでは購入できませんし、販売本数も限られてます。

一晩で1升瓶空きそうな勢いで飲んでしまった思愛・・・・・。

売り切れる前にまた買いに行こう♪(^^)/


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ビタミン補給とビタミンのようなお酒 [ ☆手作りクッキング]



雨降りの仙台。
雪ではなく雨ってことは、春も近いのでしょうね。

毎週届くらでぃっしゅぼーやの宅配野菜
さすがに2月の記録的な大雪の翌週は、じゃがいも&玉ねぎ数個、ちょっぴりの野菜のみと段ボールはスカスカ状態。
流通が止まったため、雪でハウスが壊れて収穫できなかったため等、丁寧なお詫びと値引きの連絡のお手紙が同封されてました。
自然相手の農業、いただけるだけありがたい、届いた分は感謝しながら食したいと思います。

その週は、なんと!冬なのに「ピーマン」が入ってました。
そして今週も。

夏野菜であるピーマン。
年中栽培されている場所があったのか保存技術が進んでいるのかわかりませんが、ちょっとビックリ。
旬のピーマンのようにパリッとした元気な形ではなく、
しんなりした柔らかいタイプではありますが、
香りもピーマン独特の青臭さがなかったので、焼いておかか和えにしました。

亀岡2.JPG


ピーマンを炒める時、梅干しの種を一緒に炒めます。
お弁当には梅干しの果肉部分のみ入れて、残った種に果肉がついてる分を炒め物に再利用。
梅肉そのものを入れると酸味が苦手な夫が嫌がるので、種部分で香りづけ程度で十分です。

合わせたお酒。
酒肴と言えるほどのものではないため酒庫を眺めながら悩みました・・・。

これがあった!!

亀岡3.JPG


萩野酒造さんの中取り純米吟醸「亀岡」

仙台市亀岡の阿部酒店さんのオリジナル酒です。

お酒を買いに行った時、No.8とNo.34がありました。
No.8はまだ在庫があったようですが、No.34は残り少ないと聞き即購入。
飲み比べ~♪

亀岡1.JPG



No.8は、
「あ~~~ 萩の鶴らしいお酒だねっ! 酸は強いけどイイ感じ♪」
となり。

No.34は、
「萩の鶴ってこんなに旨い酒なんだっ! すげーーー!!!」
となりました。

No.8は今年の新酒、No.34は昨年のお酒で阿部さんのお店で1年熟成させたものらしいです。
どちらが好きかは各々の嗜好によりけり。
めずらしく二人とも「No.34がいい!バランスがいい!」と意見が一致(←珍しいっ!)

旨い酒なんで、チビチビなんてやってられないぜ~ 呑兵衛夫婦、四合瓶では一気に無くなります(笑)

でも、亀岡をNo.1~一列に並べて飲んだら楽しいだろうな~。
どなたか揃えて誘ってくださいませんか?(・o・)v

ピーマンってビタミンAとCが豊富に含まれている野菜。
おかずとしては脇役になりがちだけど、お酒を合わせると主役級に変化。
ほろ苦さが日本酒に合うんですよね。

ピーマンが苦手な夫ですが、なんだかんだ言いながらお酒と一緒に食べてました。
亀岡さま、ありがとうございますm(__)m


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

弁当の帝王&夜の帝王 [ ☆手作りクッキング]



2月に降った記録的な大雪も溶け始め、
春間近だな~と思いきやまた冬将軍の到来。

「寒いね」「早く暖かくなるとイイね」と言い続けても
後1ヶ月したら春は間違いなくやってくるでしょう。
桜も咲くことでしょう、気長に待ってます(^^)/。

野菜が高騰してきました、特に青菜系。
こうなると、価格の変動が少ない根菜や芋類が中心になってしまいがちな晩酌風景。

ポテサラ2.JPG

なくなれば作る。
冷蔵庫にない日はない!くらい定番惣菜「ポテトサラダ
毎回混ぜ込む具材が変わるので連チャンでも文句は言われません(言わせませんw)。

皮つきのまま「圧力鍋」でじゃがいもと人参を蒸かすのが、我が家流。
じゃがいも茹でると旨みが逃げるし、皮つけたままの方が栄養も甘みが残る気がします。
玉ねぎ、半熟卵、きゅうり、はドレッシングで和えておき、蒸かしあがったじゃがいも半分をペーストにして野菜と和えます。
残りのじゃがいもをペーストに加える二段仕込み。

なにってことはない家庭料理ですが、
弁当のおかずだけでなく、酒の肴になるのであると重宝します。

合わせたお酒は・・・・。

ポテサラ.JPG


広島県竹原市のお酒
『龍勢 夜の帝王 特別純米酒』

夜の帝王って、昼はあんまりパッとしないのに、夜になると瞳ギラギラさせて俄然張り切るおっちゃんのイメージが強いのですが・・・(笑)
よくぞお酒にこの名を付けてくれたねっ!って感じ、ナイスネーミング!w

活性炭素を使用していないため山吹色かかったお酒の色。
香りはそれほどありませんが、温めると米の旨味がじんわりでてくるし、
思っていたよりドスン!とくる感じではないので、食事しながら飲みたくなるお酒です。
ラベルにも「伝統の酒造りにて丁寧に醸し上げた味わい豊かで切れのある食中酒タイプの純米酒です。」
と記載されています。

とは言っても、さらさら~と一気に一瓶飲み干せるタイプではありません。
飲んだらそれこそ「夜の帝王」になっちゃいますから(笑)

帝王のコラボ?でした。

チャンチャン♪ヽ(^o^)丿


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

春の香り、蔵の風 [ ☆手作りクッキング]



はまぐり.JPG



桃の節句の前日は「蛤の酒蒸し」。
単に蛤だけで酒蒸ししてもよいのですが、カサを増やしたかったので、キャベツを混ぜ込みました。

テフロン加工のフライパンに油を入れず、キャベツを入れて炒めます。
少し焦げ目が付いたら、砂出しして殻をよく洗った蛤を入れて日本酒も加えます。
蓋をして蛤の口が開けばできあがり。

調味料は日本酒のみ。
なのでとびっきりの日本酒使いましょうね。
もったいない~~~は禁物、日本酒の質で味が決定しますから。

ポイント「キャベツは手でちぎる」です!
キャベツの断面に貝のだし汁が浸みこんで旨いっす。

最近、夫に影響されてか「今宵のお供」シリーズ化がプチマイブーム。
2014限定でカテゴリー作ろうかな(・o・)b

調理しながら
「この肴にはどのお酒を合わせようか~」
考えながら鍋をふるのも楽しいもんです。
毎日だと飽きますがね(笑)

蛤の酒蒸しと合わせたのは、コチラ!

はまぐり2.JPG


大沼酒造さんの「蔵の風」
蛤の、貝独特のほろ苦みが、このお酒と合わせると品のよい甘味に変化。
冷やでもツンツンする吟醸香も少なく、地味に旨い。
我が家はこういうお酒が好きなんです。


お酒買に行った時、
「冬華ないですか~?」
って聞いたら
「ウチでは同じササニシキ使ってる蔵の風なんですよ~。」
って言われました。

阿部さんの奥様、お薦めありがとうございます!

大沼酒造さんのお酒は、一家に一本常備しておきたいお酒。
酒酒酒だーっ!と強い主張はしないけど、飽きずにじんわり飲み続けられるお酒で、
ファンも多いのです、特に女性。

蔵の風から春の香りが届いた気分。
もうすぐ春ですね♪


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

お豆腐でもっちりパンケーキ [ ☆手作りクッキング]



夫の休日出勤等で、休みの日も一人ご飯になる時って「あまりもの」が多くなりがちです。
レンジでチンしたご飯に納豆かける、とか。
鍋の残り物にうどん入れる、とか。
袋麺に玉子ドボーンのみ、等。
自分のために「さぁー作るぞ!」
とは気持ちが奮い立たないずぼら主婦takakoです、コンニチハ。

本日、雨の日曜日。
こたつと仲良しの一日になりそうです・・・。

いゃいゃイケマセン。
料理しましょう。

<(`^´)>

冷蔵庫にあったお豆腐と、バレンタインに大量購入した薄力粉でパンケーキを作りました。

6.JPG

ホットケーキミックスがあれば材料を測る手間も省けて楽なんでしょうが、
常備材料だけでも十分パンケーキは作れます。

【材料】
 ・薄力粉  150g
 ・砂糖   30g
 ・ベーキングパウダー  小匙1
 ・豆腐(木綿でも絹でもOK) 100g
 ・牛乳  200cc

3.JPG

牛乳&豆腐をよく混ぜます。
一般的にスーパーなどで売られてる豆腐1丁は約300gなので、1/3~1/4で十分です。

粉類を入れて再度よく混ぜます。

後はホットケーキを焼く要領と一緒。
サラダ油を入れて熱したフライパンを、一旦濡れ布巾の上で温度を落とし生地を入れたらコンロに戻します。
片面がふつふつと穴が開いてきたらひっくり返します。

この分量だと28cmフライパン3枚分×2回できます。

5.JPG

目玉焼きが食べたかったので、卵を入れませんでしたが、入れてももちろんOKです。
トッピングにバター、粉糖、メープルシロップ、はちみつ 等をお好みで。

はちみつをかけて事を考慮し、砂糖はかなり少な目の分量になってます。

お豆腐でもっちりパンケーキの出来上がり。

P3021197.JPG


ふわふわ~・・・ではありません。
むっちり!もっちり!なパンケーキ。
半分に折ってフォークに刺そうとしても、すぐに戻ろうと弾力強しっ!(笑)

7.JPG

好みでしょうが、私は好きですねぇ~!

半熟黄身にドボンと浸してもまた良し。

8.JPG

お豆腐パンケーキは淡泊な味なので、ジャムやシロップでアレンジしながら食べるのがお勧めですヽ(^o^)丿




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | -  ☆手作りクッキング ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。