So-net無料ブログ作成

梅雨開け、まもなくかな~。 [ ☆手作りクッキング]

5.JPG


久々の更新です。
先週「宮城県きき酒選手権予選会」に参加された酒友のみなさま、お疲れ様でした!

基本的にはお酒って楽しく飲むもの、だと思ってます。
難しいウンチクなしにして、仕事帰りや家族団らん時にくいっと一口飲むだけで心が解放されほんわかした気分になれるような、寄り添ってくれる雰囲気をもつ日本酒が好きです。
なもんで、感覚を研ぎ澄ませて味わいを記録する「きき酒」に若干苦手意識があるのは事実ですが、自分の味覚を確かめる日が1年に1度くらいあっても自分自身への刺激になるかな~と思い毎年参加はしています。

参加するからには望みは高く夢を持って。
今年の予選足切り点数を聞くと、笑っちゃうほどレベル高過ぎて胃が痛くなりました(笑)
ですが、運よく残れた決勝戦も予選と同じように楽しめたらいいなぁ~と思ってます。

強者のみなさま、お手柔らかにお願い致します(笑)



酒屋源八さんに在庫切れしていた我が家の大好きなお酒「天遊琳(三重県)」が入荷したと伺い、
ドライブかてらに山形まで行った晩の肴たちの記録。

その晩は天遊琳あれこれのみながらの、のんびり晩酌。

1.JPG

宮城の夏!と言えば、海鞘ですよね~。
海鞘刺し、炙り海鞘、蒸し海鞘の3種類の食べ方にて。

夏が旬の海鞘に合わせるなら、夏のお酒でしょう~、と一瞬思いましたが、
以前しんさんから「牡蠣と海鞘は食材の扱いが似てる」と伺ったのを思い出し、
ならばっ!と合わせたお酒は

『天遊琳・牡蠣限定』

それも最近のではありません、2007年度でーす。

7年もの間ウチの冷蔵庫内で眠っていた牡蠣限定はほんのり熟成した感じはでましたが、海鞘独特の酸味・苦味・甘味・塩味のどの味わいにも底上げしてくれる慈悲深いお酒となりました!!

2.JPG


中玉トマトのマリネ、出汁ジュレかけ。
とまとの美味しい季節ですね~、そのまま食べても火を入れても美味しいトマトをマリネにして、出汁をゼラチンで固めたものを乗せていただきます。(にこらすさんの真似)

酸があるトマトに合わせるには夏酒?と思いましたが、
ヘソマガリtakako、ストレート投げる事は致しません(笑)

『天遊琳・伊勢錦2009・直汲み』

5年ほど経った直汲みはとろ~~~~~~んと妖艶な大人酒ですっ。
酸のある若いトマト料理や出汁料理にドンピシャでしたヽ(^o^)丿

3.JPG


湯上り娘の茹で豆、とうもろこしの天ぷら。
The・夏! 定番の肴には迷わずコチラ。

『天遊琳・限定N』

ここは正直に(笑)
限定Nは爽やかですね~、するする飲み干せます。
グラスまできりっと冷やしてクイクイッと飲みたいお酒、夏ですヽ(^o^)丿。

4.JPG


アボガドとブロッコリーの胡麻和え。
ちょーちょさんで頂いた肴を真似しました。

すり胡麻に、砂糖・味醂・醤油を混ぜてタレを作り、茹でたブロッコリーとアボガドに絡めたもの。

簡単なのでもう一品酒の肴を作りたいな~って時重宝します。

お酒は『天遊琳・限定F』

限定Nとそれほど味わいは変わってるようには感じませんでしたが、限定Fのほうが温度が上がってもゆる~く飲める、鍋を囲んで呑んだらウマいだろうと印象を受けましたので、こってりアボガドに合わせました。

晩酌でいろんなお酒を楽しめるのもホシザキ君のお陰です。
購入して良かったわ(笑)


そろそろ梅雨明け宣言でるでしょうか。
2014夏もイベントの多い、楽しい夏となることでしょう!

資福寺.JPG


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。